成年後見

 

 この制度は、認知症や知的障害、精神障害などにより判断能力が不十分な方々の権利を保護するものです。たとえば、売買や賃貸借などの法律行為、それに財産管理を支援

します。 

 

 この制度には「任意後見」と、「法定後見」との二つがあります。

 

 任意後見

 現時点では法律行為をする判断能力があるが、将来、判断能力が不十分となったときのために任意後見契約を結んでおいて、いざ判断能力が不十分になったときに、家庭裁判所へ申立てをし、任意後見監督人を選んでもらい、後見が開始される仕組みです。

 

 法定後見

 現時点で法律行為をする判断能力がないとかまたは不十分場合に、家庭裁判所に申立をし、後見人を選んでもらうことにより開始される仕組みです。

 

 裁判所の管理・指導の下成年後見監督人・任意後見監督人が成年後見人・任意後見人の仕事を監督するので安全安心です

 

 

     任 意 後 見               法 定 後 見

   契約をする判断能力がある       契約をする判断能力がないか、不十分

       |                        |

   任意後見契約の締結              家庭裁判所への申立てにより

       ↓                    後見人などを選任

  判断能力が不十分になったら            

  家庭裁判所への申立てにより            /

  任意後見監督人を選任              /

                         /

            \           /

               後 見 開 始

 

 

 お気軽にご相談・ご依頼くださるようお待ちしております。

 

 

                                                    トップページヘ戻る