食品営業許可

 

 食品衛生法の規定により、飲食店営業をはじめ、34業種の営業を営むには、都道府県知事の許可が必要です。例をあげれば次ぎのものです。

○飲食店営業、○喫茶店営業、○菓子製造業、○あん類製造業、○食肉処理業、〇食肉販売業、○魚介類販売業、○清涼飲料水製造業、○乳酸菌飲料製造業、、○みそ製造業

、○醤油製造業、○ソース類製造業、○酒類製造業、○豆腐製造業、○納豆製造業、

○めん類製造業、○そうざい製造業などです。

 

 申請は、営業を営む場所の保健所食品衛生担当にすることになります。
 なお、それぞれの業種には施設基準などが定められております。

 

 許可申請に必要なもの

(1)食品営業許可申請書

(2)営業設備の大要(給水・排水等を明示)

(3)食品衛生責任者設置届

  ※ 食品衛生責任者の資格要件が定められています。

  @ 食品衛生法に基づく資格(食品衛生監視員、食品衛生管理者)を取得するため

   の要件を満たす人 

    医師、歯科医師、薬剤師または獣医師など 

  A その他衛生関係法規に基づく資格を有する人 

    栄養士、調理師、製菓衛生士、食鳥処理衛生管理士、船舶料理士 

  B 知事が指定した食品衛生責任者養成講習会を終了した人

(4)養成講習会受講誓約書

  ※(3)の資格を持っていない人が提出するもので、営業の許可を受けてから6ケ     月以内に知事が定める「食品衛生責任者養成講習会」を受講することの誓約書で

    す。

(5)営業計画書

  ※ 自動車による飲食店、喫茶店、菓子製造業の場合に必要です。

(6)手数料・・・宮城県証紙により納付。業種により金額が異なります。

 

 営業許可の進行図

1 許可官庁との事前相談・・・・・・・施設工事の着工前に相談をしてください。

                施設基準に合わないと造り直しとなります。

                *施設の設計図面などが必要です。

2 申請書提出・・・・・・・・・・・・・・・・・営業開始予定の概ね10〜14日前までに提出しま

                す

3 申請書等審査・・・・・・・・・・・・・・・保健所で書類審査が行われます。

4 検査日の打ち合わせ・・・・・・・・・書類審査がとおれば、施設の検査日が決められます。

                検査日までに、必ず施設を完成しておかなければなり

                ません。

5 施設確認検査・・・・・・・・・・・・・・・営業開始予定の5〜7日前に、保健所が施設検査をし

                ます。基準に合致していなければ、改善した後に再調

                査が行われます。

6 許可・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・施設確認検査合格後に「許可証」が発行されます。

                許可施設には必ず許可証を掲示してください。

 

 仮設(簡易な施設)における食品営業

 原則として、食品衛生法で定めている許可が必要ですが、提供する食品によって許可が不要なものもあります。

 

◎仙台市内において食品営業をする場合は、仙台市の保健所が管轄しております。

 

                                                        トップページへ戻る